2018年

2018年12月
ランドセルがアフガニスタンの子どもたちにプレゼントされました。

2018年に皆さまからいただいたランドセルを国際協力NGOジョイセフを通じて、例年より早い9月から12月までの3ヶ月間にわたってナンガハール州カマ郡、シュルクロド郡、ベスード郡の小学校の子どもたちへ学用品と一緒にプレゼントされました。

ナンガハール州

★配布期間: 2018年9月26日〜12月20日
★配布実施団体:アフガン医療連合センター 
(UMCA)
ランドセル配付時には、児童の母親や父親、家族への啓発の取り組みとして、母子保健のメッセージ付きカレンダーも一緒に配布しています。

皆さまの思いがたくさん詰まったランドセルは海を渡って、小学校に到着しました。現地では、白袋に詰め替えて輸送されています。
ランドセルのプレゼントがはじまりました。 はじめてランドセルを背負った瞬間、全員の注目を集めていました。
嬉しくてランドセルを背負ったままの子どもや、ノートや鉛筆に興味津々の子どもなど、全員に行き渡るまでこうして待っているのは、どの小学校でも同じでした。
使い方を教わって何度も開けたり閉めたりしていました。中に入れた文具品も大変喜ばれていました。
日本のお友達に文字や絵で感謝を伝えてくれました。
アフガニスタンの子どもたちは皆さまの想い出と共に、まごころが詰まったランドセルを背負って明日から小学校に通います。

「写真提供:国際協力NGOジョイセフ」

2018年4月7日(土)
ランドセル旅立ち準備ボランティアを行いました。

「ランドセルは海を越えて」のランドセル旅立ち準備ボランティアを横浜市内の倉庫で行いました。
お集まりいただいた約190名のボランティアの方々のご協力により、日本全国から届けられた8,000個以上のランドセルの開梱・検品・梱包を実施しました。そして6年間の想い出の詰まったランドセルはこれから海を越えてアフガニスタンへ旅立ちます。

検品作業に参加してくださったボランティアの皆さん。

開梱作業(1)

全国各地から倉庫一杯に届いたランドセル。まずは一つ一つダンボールを開梱していき、検品作業の開始です。

開梱作業(2)

開梱されたランドセルは山積みされ、次々と学用品の取り出しと検品作業に進みます。

▼ ▼ ▼ ▼

学用品の分類作業

ランドセルと一緒に送っていいただいた学用品を鉛筆・ノート・その他に分類するため取り出し、一ヶ所に集めます。

検品作業

アフガニスタンでは宗教上の理由で豚革を使用したランドセルを使えないため素材の確認や、損傷や劣化をひとつひとつ丁寧に確認していきます。

▼ ▼ ▼ ▼

学用品の詰め作業

検品を終えると、学用品を再度ランドセルへ詰め直します。アフガニスタンでは鉛筆や消しゴム、ノートなどの学用品が極端に不足しています。

梱包作業

検品を終えた8000個を超えるランドセルはアフガニスタンへ旅立つ準備を終えました。今後日本を船で旅立ち、パキスタン経由でアフガニスタンに到着します。そして今秋には子どもたちにランドセルがプレゼントされる予定です。

「ランドセルは海を越えて」キャンペーンは申し込みを締切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました。全国の皆さまからあたたかいお気持ちで送っていただいたランドセルは、検品作業を行ったあと日本を出発します。秋にはアフガニスタンの子どもたちにプレゼントできる予定です。
今後も当ホームページにて活動内容をご報告いたします。
また、ご応募いただいた方から寄せられたランドセルの想い出作文集でご紹介させていただいておりますので是非ご覧下さい。

想い出作文集 http://www.omoide-randoseru.com/memory.html

なお、「ランドセルは海を越えて」キャンペーンでの、海外輸送および現地のランドセル配布にご協力いただいている国際協力NGOジョイセフ内 「想い出のランドセルギフト」では、2018年3月10日(土)〜 5月31日(木)必着分までランドセルの回収を行っています。(ジョイセフ主催のキャンペーンは、ランドセルの海外輸送経費のご負担を皆様にお願いしています。)

詳しくは国際協力NGOジョイセフ内 「想い出のランドセルギフトホームページ」をご覧ください。

2018年1月8日(月・祝)
TOKYO FM ホリデースペシャル
「クラレ“ランドセルは海を越えて”presents 未来へのキックオフ 」
公開生放送が行われました。

2018年度の「ランドセルは海を越えて」キャンペーンのスタートにあたり、今回は「未来へのキックオフ」をテーマに掲げ 今年もスポーツジャーナリストの中西哲生さんをパーソナリティに迎え、1月8日(月・祝)東京駅の丸ビル1階マルキューブ特設ステージにて、キックオフ特別番組の公開生放送を行いました。

スタジオにはスペシャルゲストとして、高橋みなみさんをお招きし番組を盛り上げていただきました。

今年も番組放送中に多くのリスナーの方からランドセルを届けていただき、225個のランドセルを集めることができました。

今回のテーマは「未来へのキックオフ」。成人の日に“自分のためではなく、誰かのために始めてみたいこと”というメッセージを募集し、紹介しました。
会場までランドセルを届けてくれた方にクラレちゃんグッズをプレゼントしました。
番組開始の11:30からランドセル募集の呼びかけを始め続々と色とりどりのランドセルが集まってきました。
225個というたくさんの想い出が詰まったランドセルが集まりました。大切なランドセルを寒い中、届けに来てくださり誠にありがとうございました。

2018年1月8日(月・祝)
第15回「ランドセルは海を越えて」
キャンペーン受付を開始いたしました。

2004年からスタートした本キャンペーンは全国のみなさまからご賛同いただき今年で15年目を迎えました。
昨年までに11万個以上の使用済みランドセルが海を越えて、アフガニスタンの子どもたちにプレゼントされました。

一部でも豚革が使用されているランドセルは宗教上の理由からアフガニスタンに送れませんのでご注意ください。

詳しくはHPをご覧ください。
http://www.omoide-randoseru.com/instruction.html

ランドセルのご応募に関しましては本年度の募集個数に達し次第、締切らせていただきますので、早めのご応募をお勧めいたします。
皆さまからのご応募をお待ちしております。